プログラミングで儲けるってどういうこと?

はじめに

定期的にネット界隈で話題にあがるプログラミングで儲けるって話について考えてみました。
環境、スキル次第で年収がすごく変わってくると思ってちょっと考えてみました。
年収1000万ってどんな感じ!?>30代で1000万円超えてるエンジニアは1.6%らしい。
引用 https://type.jp/et/feature/13318/

システムエンジニアの平均年収

年齢別:エンジニアの平均年収

・20代エンジニアの平均年収 349万円
・30代エンジニアの平均年収 514万円
・40代エンジニアの平均年収 641万円
・50代エンジニアの平均年収 657万円

引用 https://itpropartners.com/blog/7274/#IT

言語別:エンジニアの平均年収

エンジニアの平均年収を言語別に年収を見ていきましょう。言語も経験やスキルにより年収にばらつきがあるので、一つの目安として見てくだい。

・Goエンジニアの平均年収 600万円
・PHPエンジニアの平均年収 400〜600万円
・Rubyエンジニアの平均年収 500〜600万円
・Javaエンジニアの平均年収 450〜600万円
・Pythonエンジニアの平均年収 500〜600万円
・C言語エンジニアの平均年収 500万円
・SCalaエンジニアの平均年収 500〜600万円
引用 https://itpropartners.com/blog/7274/#IT

言語による年収は言語がというよりかは各言語を使って何ができるかにもよりそう。

プログラミング習得からSEまでの道

プログラミングを覚えたらプログラマーとして就職する人もいるでしょうがほとんどはSE(システムエンジニア)という肩書きで入社、仕事を開始するのではないでしょうか。

勝手にスキル上達マップみたいなのを考えてみた

Lv1 一つのプログラミング言語の入門書を2/3くらい理解できる
Lv2 一つのプログラミング言語で自分で課題を作成し調べながらシステムを完成できる(動く程度でOK)
Lv3 自分の作ったシステムを人に説明できる(システム内容、コード)
Lv4 先輩から与えられたタスク(設計までしてもらう)を実装、テスト、説明できる
Lv5 先輩から与えられたタスクを設計実装、テスト、説明できる
Lv6 先輩から与えられたタスクを分担し設計実装、テスト、説明できる
Lv7 先輩から与えられたタスクを分担し設計実装、テスト、説明、運用(リリース含む)できる
Lv8 取引先(事業とか)から与えられたタスクを分担し設計実装、テスト、説明、運用(リリース含む)できる
Lv9 取引先からヒアリングして要件定義、設計、実装、テスト、説明、運用(リリース含む)できる
Lv10 取引先からヒアリングして要件定義、設計、実装、テスト、説明、運用(リリース含む)、スケジュール管理できる
Lv11 取引先からヒアリングして要件定義、設計、実装、テスト、説明、運用(リリース含む)、スケジュール管理できるそしてどこかの工程を他の人に依頼する
Lv12 取引先からヒアリングして要件定義(松竹梅案提示)、設計、実装、テスト、説明、運用(リリース含む)、スケジュール管理できるそしてどこかの工程を他の人に依頼する

SEスキルのマトリックス
会社や部署の立ち位置によって必要とされるスキルは変わってくるが大体こんなものかなあと思う。
そこそこ一人前稼ごうとすると、縦の軸は全て一人でこなせる必要があるのかなあと思う。
(他の人に仕事を振るのにも自分でこなせないとそううまくはいかない)

一人でできる複数人で協業できる複数人を管理できる
要件定義
設計
実装(プログラミング)
テスト
リリース
スケジュール管理
関係者への説明

何が言いたいかというとプログラミングが出来ることはSE業界の中では非常に基本的なことで、
それだけで1000万とか目指すのは難しい。ましてや安定的に。
少なくとも一通りの開発工程を自分の力で
こなせかつその成果物の価値を他の人(できれば非開発者)に伝え理解してもらうことが出来る必要があると思う。←お金をもらう人は開発者からより非開発者の方が多いと思う。
そして更に各工程専門性を身につけてスペシャリストを目指す必要がある。
まあなんかよくわからないが、とりあえずあいつに任せたらなんとかやってくれるみたいな感じの人が1000万超える候補になるのかなあと。あとは個人の力量に会社の評価に合わせていく感じかなあと。

会社によってもSEに対する報酬の考えかた、財力も違うのでそのスキルをもち、かつSEにたくさんの給料をくれる会社を選ぶ必要があるのかなあと思う。

はじめの会社でなかなか網羅的に経験させてくれる会社を選ぶのは難しいかもしれないが、
少し経験を積んでかつ独学して総合的に経験がつめそうな会社に転職するのもありでしょう。

プログラミングで1000万儲けるためにはシステム開発の全般を知り、どんどん専門性を持ち、実現可能かよくわからないものを丸投げされても周りの人と協力しつつ成果を出す&1000万円以上報酬を払ってる会社を選ぶ&秒か軸を理解しフィットさせていく。

そんな感じかなあと思う。

難しいことのように聞こえるかもしれないけど、給料が上げるためには、難しいことをなんとかこなしていくっていうのはどこの業界でも共通ではないのでしょうか。プログラミングを覚えるのは第一歩、その後の流れを自分で考えながらキャリアを積んでいくと良いのかなと思います。



Posted by karaagelovers