MENU

[Laravel8] 定数を設定(config)ファイルで定義する方法

Laravel8講座
目次

Laravelで定数を定義

Laravel8で設定用ファイルで定数を定義する方法を解説します。
今回はコントローラーから呼び出す方法をもとに説明していきます。

定数用のファイルを作っておくと以下メリットがあります。

  • 複数ファイルから呼び出す必要があるものを定義、利用できる
  • マジックナンバーになりそうなものを定数化し、知らない人でもあ、この数字かなど理解できる
  • 定数の値の修正時にコントローラなどロジック入りのファイルをいじらなくて良い

定数用のファイルを作り開発すると後々、開発時のテストや運用が楽になると思います!

別記事にて簡単なチュートリアルも用意しています。

あわせてご確認ください!

やりたいこと

  • 定数切り出し
  • コントローラーで切り出した定数の呼び出し

やり方

Laravelで定数を定義する用PHPファイルの作成

=>[PJフォルダー]/app/config/XXX.php のファイルを作成する
私はとりあえずconst.phpにした。[PJフォルダー]/app/config/const.php

(constはconstantの略で日本語だと定数という意味)
PHPファイルの中身はこんな感じです。

例)
<?php
return [
    'hoge'  => "aaa",
    'huga'  => "bbb",  
];
?>

//書き方はこんな感じです。
<?php
return [
    '定数名'   => "定数",
    '定数名'   => "定数",  
];
?>

定数を呼び出したいコントローラーに定数を呼び出すコードを追加

use Illuminate\Support\Facades\Config;


を上のファイル読み込みのところに追加して

呼び出したいところでこんな感じで呼び出せばOK


$hoge = config('const.hoge');
$huga = config('const.huga');

これでさあやってみよう!ってやると失敗する人が出てくると思います。

すでに何処かでキャッシュを作成している人は
設定ファイルのキャッシュのクリア、再生成が必要でした!

キャッシュ再生成

php artisan config:cache

定数の追加、変更等を行うたびに
php artisan config:cache
のコマンドを実行する必要ありそう。

あれれ?って思ったら
php artisan config:cache を
思い出してみてください♪

おわりに

Laravelで定数を定義して、コントローラーから呼び出す方法を解説しました。
configディレクトリ以下にファイルを生成、定義、そしてコントローラーから呼び出せばOKです。
ぜひ試してみてください〜

関連記事

あわせて読みたい
[Laravel8]定数(config)切り出し(チュートリアル) Laravel8で定数を切り出して別ファイルから呼び出す方法を知りたい人向けの記事です。 【はじめに】 Laravelで定数を外ファイルに書き出して コントローラーで読んでみ...

以上でした♪

参考手順としてまとめてみました。
https://karaagelovers.com/laravel-config-sample/

その他Laravelの記事はこちらご確認ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる