MENU

京都の春到来しだれ梅と椿まつり城南宮へ行ってきた

目次

城南宮とは

城南宮とは京都市伏見区にある古くからあるお宮。

家庭円満や厄除や安全祈願、また交通安全祈願、車のお祓が有名です。

各種祈祷、子供のためのお宮参り、初誕生参り、七五三等あり我が家もお世話になりました。

都の守護と国の安泰を願って、平安遷都の際に京都の南に創建されてから1200年。城南宮は、引越・工事・家相の心配を除く「方除(ほうよけ)の大社」と仰がれています。家庭円満や厄除や安全祈願、また車のお祓いに全国からお見えです。また古くより、住まいを清める御砂や方角の災いを除く方除御札を城南宮で授かる習慣があります。

城南宮公式サイト http://www.jonangu.com/

延暦13年(西暦794年)の平安京遷都に際し、都の安泰と国の守護を願い、国常立尊(くにのとこたちのみこと)を八千矛神(やちほこのかみ)と息長帯日売尊(おきながたらしひめのみこと)に合わせ祀り、城南大神と崇めたことが城南宮のご創建と伝え、城南宮とは平安城の南に鎮まるお宮の意味です。

城南宮公式サイト https://www.jonangu.com/history.html

城南宮へのアクセス

電車

地下鉄竹田駅から徒歩15分 竹田駅西口タクシー乗り場からタクシー乗車も可能。

待ちのタクシーがない場合は大通りが近いのでUber等で配車依頼すると比較的捕まりやすいと思います。

自家用車

名神高速からは京都南インター第2出口を出てから最初の交差点を越えたところに第1駐車場があります。

一般道では

第2京阪油小路通から新城南宮道を通りローソンの先を左折し第5駐車場に入るルート

第2京阪油小路通から新城南宮道を通り国道1号線まで行き左折し第1駐車場に入るルート

大阪から国道1号線を利用する際は府道202号赤池の交差点を右折しひとつ目の通りを左折し真っ直ぐいくと第1駐車場に着きます。

交通量が多い地域になりますので右折ではなく左折で城南宮の駐車場に行くのをお勧めします。

城南宮の見所

城南宮の神苑 花、緑豊かなお庭が素敵

よく手入れされたお庭神苑が綺麗です。

梅や椿が見頃の2月中旬〜3月中旬、紅葉シーズンの12月頃は大変賑わいます。

他のシーズンも自然豊かな神苑は散歩すると癒されるのでお勧めです。

交通安全祈願

交通安全祈願の場所としても有名です。

地元民の8割ほどの自家用車に城南宮のステッカーが貼ってあるほどに人気です。

各種祈祷、お宮参り、七五三参り

厄年の御祈祷や子供のためのお宮参り、七五三等で利用する方も多いです。

我が家も厄年、お宮参り、七五三で利用しました。

御祈祷後にはセットで入っているチケットで神苑を楽しむことが可能です。

しだれ梅と椿まつりの写真公開

しだれ梅と椿まつり 梅は終わり 椿は見頃
しだれ梅と椿まつり
しだれ梅と椿まつり
しだれ梅と椿まつり
城南宮 しだれ梅と椿まつり

おわりに

今回は城南宮としだれ梅と椿まつりについて紹介しました。

神苑は2月から3月の梅、椿のシーズンはもちろん他のシーズンも年中見どころの多いお庭となっています。

また、交通安全、各種祈祷も行われています。

特に車では行きやすい立地となっていますのでぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる