MENU

[Laravel8]設定ファイルの使い分け.envとconfig

Laravel8講座

Laravelには設定ファイルを使う方法として大きく2つあります。

似たような役割を持つこの2つのファイルですが、
使い分けについて自分なりの解釈を書いていきます。



.envconfig
用途環境ごとに変更されるものや外に漏れたら困るもの定義(DB、API情報等)アプリで共通で使う値かつ外に漏れていいものを定義(数字の定義とか(有効期間?))
メモ公式サイトに.envは機密情報を扱うのでアプリのリポジトリとは別に管理するのがいいと書いてあった
https://readouble.com/laravel/8.x/ja/configuration.html
マジックナンバー等が適切な定数名で定義されているとコード読みやすいですね。

こんな感じでしょうか。どちらに書いても動きますが、より安全、そしてリリース時にミスしにくい方法を選べるといいですね。




よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる