MENU

イオンカード(WAON一体型)を作ってみよう〜 イオン経済圏でお過ごしの方におすすめ

私は、2021年9月にイオンカード(WAON一体型)を作りました👍

これからイオンカード作ろうかなと思っている人にも是非おすすめしたいと思います😁

私はメインのクレジットカードとして楽天カードを使っており、
今回作成したイオンカードはサブのクレジットカードとして使う予定です。

インターネットショッピングやドラッグストア等は今まで通り、
楽天ペイor楽天カードの利用で楽天カードを使い、
実店舗中心にイオンモールをはじめ、イオン経済圏でイオンカードを利用する予定です。

※イオン経済圏とはイオングループのサービスを利用しお得に生活をする経済圏です。
イオンモールをはじめ、マックスバリュー、まいばすけっと、
マルエツなど多くのスーパーでお得に生活できます。

目次

イオンカードを申し込んだきっかけ

車を購入し車の練習がてら、子供の気晴らしにイオンに行く回数が増えました。
イオンに行くようになる前までは、基本楽天市場でオンラインショッピングをしていました。
イオンに行くようになると当たり前ですが、
イオンで本や日用雑貨、子供用品など買う機会が増えました。

もともとイオンは安価でものを買えますが、イオンカードを持っていると更に割引が効いたり、
ポイントをもらえてお得だと言うことに気づきイオンカードを申し込みたいと薄々思っていました。

少しネットで調べてみると、
当時やっていた申し込みキャンペーンが熱いと言うのを見て
申し込みたい度が更に上がっていました笑。

その後、ちょうどイオンへ行った時にブースを発見したので、
店頭でスタッフの方に話を聞きながら申し込みました。

ブースのスタッフの方に丁寧にカードの種類、違い等、商品説明をしていただいた結果、
やはり持っていても損はないカードかなと思い申し込みました。

※注意
このブログで書く内容は2021年9月26日時点の内容です。
申し込みの際にはイオンカードのページでサービス内容をご確認いただきお申し込みください。

イオンカードのページはこちら https://www.aeon.co.jp/

お申し込みですが、

今、この記事に目を通していただいたと言うことはネット環境がある人、
ウェブの操作に慣れている人だと思うので、
実店舗へは行かずそのままウェブで申し込んでしまう方が何かと楽かなと思います。

質問事項がある人は申し込み時にチャットで質問ができます。

イオンのブースに行っても結局ウェブの画面で申し込むことになります笑。

お申し込みはこちらから↓

なぜイオンカードを申し込もうと思ったのか

  • 車を買って運転練習がてらイオンに行く回数が増えた=イオンで買い物する回数が増えた
  • イオンで大きい買い物がしたくなってきた(イオンカードで割引を受けたりポイントがつく)
  • 子供向け商品の割引を受けられるキッズリパプリックアプリがあるがイオンカード・電子マネーWAON・WAON POINTカードいずれかを持っている必要があり、今までどれ一つも持っていなかったため
  • たまに電子マネーがWAONだけ使えるお店がある。
    子連れで小銭ジャラジャラさせたくないのでキャッシュレス決済万歳

申し込んだイオンカードの種類

イオンカードには種類がたくさんあるのですが、

今おかあさんといっしょの映画がやっていることもあり、
映画の特典に惹かれてミニオンズの映画特典のあるカードにしました
これ→https://www.aeon.co.jp/card/lineup/minions_select/
年間30枚まで1,000円で観れるそうです。

映画だけではなくもちろんお買い物もお得で
イオングループの店舗(イオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュ)で買い物をする方はポイントが2倍貯まったり、割引を受けることができます。

また、毎月20日・30日は全国のイオン、ビブレ、マックスバリュなどの各店舗でお買い物代金が5%OFFになります。
55歳以上の人は、毎月15日にイオンのお買い物が5%OFFになります。
5日・15日・25日 毎月5のつく日はWAON POINTが2倍になります。

詳しくはこちら https://www.aeon.co.jp/merit/

他にはノーマルのこのイオンカード(WAON一体型)もおすすめされていました。
https://www.aeon.co.jp/card/lineup/aeoncardwaon/

イオン、イオン経済圏で買い物した時に決済する用のカードを作りたいと思っている人でしたら、
ノーマルのイオンカードがおすすめです。


年会費無料ですし、
一枚持っておくとイオン経済圏でお得に買い物ができるかなと思うので是非おすすめです。

気になった方はこちらからイオンカードのサイトに飛んで確認&申し込んでみましょう♪

イオンカード申し込み方法

めっちゃ簡単です。ネットで申し込みが完結します。
お勤め先の情報、身分証証明書が手元にあれば10分程で申し込めてしまいます。

申し込み者の情報入力

Webの申し込みフォームで申し込みます。
(イオンカードのブースに行ってもWebの申し込みフォームを使います。)
※申し込みフォームは入力がしやすく簡単に入力できました。

用意するもの 身分証明書(運転免許証、個人番号カード、パスポート)
入力途中で身分証明書の写真をアップロードする必要があります。

イオンカード審査

申し込みボタンを押してから5分程度で結果が出ます(早い、スーパー早い!w)

クレジットカード到着

2週間ほどで到着します

仮カードゲット

ちなみにブース申し込みの場合はその場で、
オンラインで申し込みの場合、
イオン店頭内にある「イオン銀行」でクレジットカード到着までに仮カードをもらうことができます。

仮カードでクレジットカード所有者と同等のサービスを受けられるので是非ゲットしましょう♪

詳しくは https://www.aeon.co.jp/flow/sokuhatsu/

イオンカード引き落としについて

クレジットカードを申し込むと申し込みの際、または後日、
銀行口座と紐付けて、
そこにクレジットカード所有者がお金を入金し、
決められた日に引き落としが行われます。
イオンカードの場合は、基本毎月2日、金融機関が休みの場合は翌営業日。

※イオンカードはイオン銀行口座での引き落としになるので、
もしイオン銀行の口座を持っていない場合は、
イオンカード申し込みの際にイオン銀行の口座開設が必要になります。

最初数回の引き落としは、
手続き上の都合で自身でイオンカードの口座にイオンカードの利用金額を振り込む必要が出てくる可能性があります。

イオンカードから郵便が届いた際には忘れず中身の確認をしましょう!

余談ですが、私はイオン銀行の口座も近々開設したいと思っていたので、
イオン銀行の口座も開設できてよかったです。

開設したいと思っていた理由は以下3つです。

  • イオン銀行のATMを街中でよく見かけるようになった
  • 入出金手数料が所定回数無料
  • 金利がよい

イオン銀行のメリットについてはこちら

https://www.aeonbank.co.jp/beginner/

まあこんな感じでまんまとイオン経済圏にどっぷり浸かる、
イオンカードの発行とイオン銀行の口座開設をしたのでした。

まだまだ特典を使いこなせていない気もしているので、
イオンカードを使って勉強していこうと思います♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる